レーザーは高い!簡単シミそばかす消し術

シミそばかすにはレーザー治療がよく効くと言いますが、そんなにお金をかけたくない!という方のために塗るだけ、飲むだけなど簡単な方法でシミそばかすを改善できる方法をご紹介します。試すか試さないかはアナタ次第!

シミそばかすに効果のある医薬品

肌を露出する機会の増える春から夏にかけてのシーズンは日差しも強くなり、女性にとってはシミそばかすの気になる季節です。
シミそばかすの原因になるのはメラニンという物質です。
メラニンは本来紫外線の刺激から肌を守るために太陽の光を吸収する働きを持っています。
体内のメラニン量が少ないと紫外線が肌の中まで入り込んで肌の内側の成分を壊してしまうので、それを防ぐためにメラニンの量が増えて肌がこんがりと浅黒い色になるのです。
本来この黒くなった肌の成分はターンオーバーと呼ばれる新陳代謝によって剥がれ落ち、元の白い肌に戻るはずなのですが、その代謝が上手くいかなかった場合に肌の奥にメラニンがとどまってしまい、シミそばかすになってしまいます。

シミそばかすができてしまった時は積極的にビタミンや有効成分を摂取し、肌代謝を高めることによって角質層のメラニンを除去し、肌の奥深くにできてしまったメラニンを無色化することです。
シミそばかすに有効なのはビタミンCです。
ビタミンCは黒く定着してしまったメラニンを無色に変え目立たなくさせる働きを持っています。
そしてビタミンCと一緒に摂取することで肌の生まれ変わりを助けてくれると言われているのが、Lシステインという成分です。
LシステインにはビタミンCと協力して過剰に増えてしまったメラニンを無色化し、肌のターンオーバーを促進して角質にとどまってしまったメラニンを排出する作用があります。
サプリメントや食物からもビタミンは摂取できますが、より確実な効果を求めるなら医薬品を摂取しましょう。
医薬品はその効能と用法を謳うことが出来る商品です。
医薬品の認可を受けた商品はその効果を認められているということです。

美容目的に摂取するのが良いと言われるビタミンや有効成分は元来あまり食物に含まれていなかったり、通常の食事で摂取することが難しい量を摂らなければいけないことが殆どです。
シミそばかすに効果がある医薬品には、効果があると期待出来る量のビタミンCやLシステインが配合されていますから、身体の内側から効果的に美白対策をすることが出来ます。

■いつまでも明るく若く美しく
コスメライトクリーム